四国の秘境で古民家民宿を営む米国人、「仙人のような暮らしだ」と衝撃

2018/02/17 16:00

 四国の険しい山に囲まれ、日本三大秘境としても知られる徳島県祖谷(いや)に、外国人観光客が急増している。東洋文化研究者で景観保存活動をしている、米国人のアレックス・カーさん(65)が祖谷の魅力を世界中に発信しているからだ。アレックスさんはこの地に古民家を購入し、「ち庵」と名付け、宿に改築した。そんなアレックスさんに、地方創生の秘訣を聞く。

あわせて読みたい

  • ひとり40万円の宿泊型客船も 瀬戸内で起こる現場主導の観光マーケティングとは

    ひとり40万円の宿泊型客船も 瀬戸内で起こる現場主導の観光マーケティングとは

    AERA

    2/20

    京都で古い町並み崩壊の危機…深刻化する「観光公害」を考える

    京都で古い町並み崩壊の危機…深刻化する「観光公害」を考える

    AERA

    8/5

  • アレックス・カーが語るコロナ後の旅の価値 観光地に「あえて行かない」理由とは

    アレックス・カーが語るコロナ後の旅の価値 観光地に「あえて行かない」理由とは

    AERA

    3/20

    6月15日から民泊新法施行、外国人宿泊で古民家再生へ

    6月15日から民泊新法施行、外国人宿泊で古民家再生へ

    週刊朝日

    6/5

  • 古民家に魅せられたドイツ人男性「日本の民家は美術品のよう」と語る

    古民家に魅せられたドイツ人男性「日本の民家は美術品のよう」と語る

    週刊朝日

    3/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す