ロシア政府が導入する次世代の仮想通貨とは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロシア政府が導入する次世代の仮想通貨とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大平誠,澤田晃宏AERA

取引高とアプリ利用者数第1位であることを誇らしげに標榜するコインチェックのHP。「サービスの再開に向け尽力してまいります」の文言が空しい(撮影/写真部・片山菜緒子)

取引高とアプリ利用者数第1位であることを誇らしげに標榜するコインチェックのHP。「サービスの再開に向け尽力してまいります」の文言が空しい(撮影/写真部・片山菜緒子)

仮想通貨を支えるのは、インターネット以来の革命的技術とも言われるブロックチェーン(※2)だ。不特定多数の利用者が直接つながり、取引記録を共有することで信頼性を担保できるため、中央銀行のような管理者(※1)を置く必要がなくなる(AERA 2018年2月12日号より)

仮想通貨を支えるのは、インターネット以来の革命的技術とも言われるブロックチェーン(※2)だ。不特定多数の利用者が直接つながり、取引記録を共有することで信頼性を担保できるため、中央銀行のような管理者(※1)を置く必要がなくなる(AERA 2018年2月12日号より)

 年内にもリリース予定のクリプト・ルーブルは国が管理する決済手段としての域内仮想通貨だが、民間投資家がビットコインやイーサリアムのような仮想通貨のマイニングをするケースも想定しており、今年に入ってロシア国内の投資家がマイニング用の発電所を取得している。

 コインチェック事件が植え付けた仮想通貨のイメージは「危険なギャンブル」といったところか。しかし、実際の機能や役割はもっと大きく、公の福祉に寄与する可能性を秘めた技術だと、油屋さんは言う。

「大切なポイントは、仮想通貨は車であって、ブロックチェーンは道路だということ。道路は人でもロバでも馬車でも、何が通っていてもいい。不動産取引の履歴を追うとか、牛肉のトレーサビリティーに使うとか、ブロックチェーンの技術はあらゆるものに使えるんです。インターネットの黎明期に似た状況ですが、いずれみなさんにとってかけがえのないツールになります」

(編集部・大平誠、澤田晃宏)

AERA 2018年2月12日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい