平昌五輪特集

AERA dot.

対中国が念頭の軍備拡張 一方で「お寒い」戦略議論

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤田直央AERA

BMDやIAMD構想(AERA 2018年1月29日号より)

BMDやIAMD構想(AERA 2018年1月29日号より)

イージス艦からのSM6発射(米ミサイル防衛庁HPから)

イージス艦からのSM6発射(米ミサイル防衛庁HPから)

戦闘機から発射される巡航ミサイルJASSMのイメージ(米ロッキード・マーチン社のHPから)

戦闘機から発射される巡航ミサイルJASSMのイメージ(米ロッキード・マーチン社のHPから)

 “前門の虎”北朝鮮の核・ミサイルに備えよと進化する自衛隊の兵器。それが、後門の“目覚めた獅子”中国へと向きつつある。

「ある国」と仲良くしようというハト派と、信用ならないというタカ派がいる。仲良くできそうだったその国は厄介なトラブルを起こし続ける。タカ派は勢いづき、ハト派は迷う。

 その「ある国」を北朝鮮と思われただろうか。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は今年も元日に新年の辞を述べ、米本土に届く核ミサイルを実戦配備したと宣言。一方で2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に代表団を送りましょうと韓国を対話に抱き込み、ハト派とタカ派を引っかき回している。

【写真】イージス艦からのSM6発射の様子はこちら

 だが日本にとって、「ある国」の本丸は軍拡と海洋進出を続ける中国だ。日本は関係改善へ首脳の相互訪問を図るが、中国は沖縄県の尖閣諸島はこちらのものだと主張を続け、1月11日に海軍の潜水艦と艦艇が初めて同時に周辺の接続水域に入った。

 北朝鮮のミサイルをしのぎつつ、「中国への備えを急げ」という日本政府内のタカ派の思惑は、昨年末に閣議決定された新年度予算案の防衛費に表れた。

 まず、専守防衛を掲げる日本にない長射程の巡航ミサイルを22億円かけ導入。ノルウェーで開発された射程500キロのJSMを買う。米国製で射程900キロのLRASMやLRASM導入へ調査費も計上した。

 敵の国土をたたくためではない、として防衛省が考えた呼び名が「スタンドオフ(撃退)ミサイル」。戦闘機に積んで敵を狙うという使い道を、小野寺五典防衛相はこう説明する。

「北朝鮮の弾道ミサイルから我が国を守るイージス艦を、敵の脅威圏外から防護する」

「我が国に侵攻する敵の水上部隊や上陸部隊に対し、脅威圏外からのより効果的かつ安全な各種作戦が可能になる」

 日本を襲う敵の攻撃が届かない「脅威圏外」から撃退するため長射程のミサイルが必要というわけだが、二つ目の使い道は、明らかに中国に対する南西諸島防衛を意識している。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加