会社に「掛け持ち」を直訴 農業ベンチャーとの“複業”を模索する女性社員 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

会社に「掛け持ち」を直訴 農業ベンチャーとの“複業”を模索する女性社員

このエントリーをはてなブックマークに追加
石臥薫子AERA

松田真弓さん(36)/【本業】i-plug 正社員:マーケティング部広報・PR担当。企業から学生にオファーを送るオファー型新卒採用サービス「OfferBox」の広報を担当している/【複業】「坂ノ途中」 契約形態を交渉中:来年4月から、広報担当として働く予定。「坂ノ途中」は、環境負荷の小さい農業の普及を目指して新規就農者らが作った農産物の販売、自社農場「やまのあいだファーム」の運営などを手がける(撮影/写真部・岸本絢)

松田真弓さん(36)/【本業】i-plug 正社員:マーケティング部広報・PR担当。企業から学生にオファーを送るオファー型新卒採用サービス「OfferBox」の広報を担当している/【複業】「坂ノ途中」 契約形態を交渉中:来年4月から、広報担当として働く予定。「坂ノ途中」は、環境負荷の小さい農業の普及を目指して新規就農者らが作った農産物の販売、自社農場「やまのあいだファーム」の運営などを手がける(撮影/写真部・岸本絢)

 本業ともう一つの仕事をもつ「副業」ではなく、複数の仕事を持ってパラレルに働く「複業」を目指す人がいる。こうした働き方をする人は少しずつ増えつつあるが、具体的にはどうやって実現しているのか。

大阪の就職支援会社i-plugで広報・PRを担当する松田真弓さん(36)は現在、「複業」の方法を模索中だ。

 松田さんは現在の仕事を続けながら農業ベンチャーの「坂ノ途中」で働くため、両方の会社との交渉の真っ最中だ。「坂ノ途中」の存在を知ったのは1年前。知人が、小規模農家を支援するために無農薬で栽培した野菜を買い取り、独自の販売ルートで売っている同社のことを教えてくれた。松田さんは大の野菜好き。将来は自分で無農薬野菜を作ることを夢見ていただけに、坂ノ途中のビジネスモデルに「激しく」共感した。

 一方、i-plugでの広報・PRには、面白さとやりがいを感じているので辞めたくない。坂ノ途中もこれから広報に力を入れたいと言っている。そこで、上司の田中伸明取締役に訴えた。

「掛け持ちでやりたいんです」

 田中さんは言う。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい