「情熱大陸」当初は「◯◯大陸」だった? 番組Pと葉加瀬太郎が振り返る (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「情熱大陸」当初は「◯◯大陸」だった? 番組Pと葉加瀬太郎が振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤澤竜也AERA

葉加瀬太郎(はかせ・たろう、右):1968年生まれ。バイオリニスト。96年のセリーヌ・ディオンとの共演をきっかけに世界的ミュージシャンに/福岡元啓(ふくおか・もとひろ)/1974年生まれ。早稲田大学を卒業後、毎日放送に入社。2010年から「情熱大陸」プロデューサー(撮影/写真部・小原雄輝)

葉加瀬太郎(はかせ・たろう、右):1968年生まれ。バイオリニスト。96年のセリーヌ・ディオンとの共演をきっかけに世界的ミュージシャンに/福岡元啓(ふくおか・もとひろ)/1974年生まれ。早稲田大学を卒業後、毎日放送に入社。2010年から「情熱大陸」プロデューサー(撮影/写真部・小原雄輝)

 人物ドキュメンタリー番組「情熱大陸」が、放送開始20年目を迎えた。AERA本誌にとっては、「表紙と『現代の肖像』のライバル」。テーマ曲を作った葉加瀬太郎と名物プロデューサーの対談で、敵情視察を試みた。

 番組の看板とも言うべきオープニング曲「情熱大陸」とエンディング曲「エトピリカ」。作曲者の葉加瀬太郎(49)とプロデューサーの福岡元啓(43)の対談は、その誕生秘話から始まった。

葉加瀬太郎:初めて情熱大陸に取り上げてもらったのは、30歳すぎくらいだと思うんだけど。

福岡元啓:1998年9月20日です。

葉加瀬:そもそも番組の名前がおかしいと思った。人物ドキュメンタリーでしょ。情熱大陸って、意味がわからない。

福岡:当初は野望大陸っていう案もあったらしいです。

葉加瀬:情熱大陸って番組名を考えた人、相当変わり者だね。

福岡:しかもロゴの色が赤じゃなくて青ですから。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい