竹内智香「競技者ではなく“人としての生活”を意識する大切さ」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「競技者ではなく“人としての生活”を意識する大切さ」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#竹内智香
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

スイスでは意識して何事にも取り組んだ竹内。ロッククライミングにも挑戦した(写真:本人提供)

スイスでは意識して何事にも取り組んだ竹内。ロッククライミングにも挑戦した(写真:本人提供)

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

【写真】ロッククライミングに挑戦した竹内智香

*  *  *
 スイスというウィンタースポーツの本場の環境で、選手としての厳しい生存意識が芽生えた。先週はそんな話で終えましたが、思えばスイスでの経験は純粋に選手の立場だけでなく、一人の人間、女性としても競技とどう向き合っていくかを学べた時期だったと思います。

 今の私は日本をベースにして、100%アスリートとしての生活を送っています。ただ実はスイスの選手たちは、普段から学業に取り組んだり、セカンドキャリアに向けた準備を並行しながらやっている人が多いです。アスリートとして成功すればそれはハッピーなことだけど、うまくいかなくても自分の人生。その時にどう生きていくかもしっかりと考えている気がします。

 スイスにいた頃、私も初めはお金がなかったので人の家を転々とし、車中泊をした経験もあります。ただ、徐々に選手としての実力はついていった。現在は競技者としての自分を優先した生活を送っていますが、私は今でもそうすることだけが勝つ術ではないとも思っています。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい