「どうやって死ねばいいの?」“死に方”に悩むシングルマザー、非正規労働者、フリーランスの現実

貧困

2017/11/16 11:30

「人生100年時代」に突入するニッポン。住み慣れた地域で老いて安心して死ぬことができたのは、もはや過去の話だ。非正規労働、シングルマザー、フリーランス、LGBT……。生き方が多様化する中、老後、そして「死に方」の不安とは。

あわせて読みたい

  • 44歳、おひとりさま女性が抱く“死に方”不安 収入よりも心配なこと

    44歳、おひとりさま女性が抱く“死に方”不安 収入よりも心配なこと

    AERA

    11/15

    「妻vs.非妻」の不毛な争いは国のワナだった? 「女女格差」の分断元年は1985年

    「妻vs.非妻」の不毛な争いは国のワナだった? 「女女格差」の分断元年は1985年

    AERA

    5/14

  • 「ちゃんと死ねる気がしない…」LGBTカップルが抱える現実的な問題とは?

    「ちゃんと死ねる気がしない…」LGBTカップルが抱える現実的な問題とは?

    AERA

    11/17

    年収100万円未満は15%以上がうつ。体を売ることを考えた30代シングルマザーの不安

    年収100万円未満は15%以上がうつ。体を売ることを考えた30代シングルマザーの不安

    AERA

    6/15

  • 教育ローン支払い月15万円…「世界一働いても貧困」日本のシングルマザー

    教育ローン支払い月15万円…「世界一働いても貧困」日本のシングルマザー

    AERA

    2/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す