田中美穂「『南方熊楠随筆集』との出会いは古本屋の仕事につながる大きなもの」

2017/11/11 11:30

 子どもの頃読んで忘れられない本、学生時代に影響を受けた本、社会人として共鳴した本……。本との出会い・つきあい方は人それぞれ。各界で活躍する方々に、自身の人生の読書遍歴を振り返っていただくAERAの「読書days」。今回は、古本屋「蟲文庫」店主の田中美穂さんです。

あわせて読みたい

  • 田中美穂「永瀬清子の地に足のついた言葉に敬意と親しみ」

    田中美穂「永瀬清子の地に足のついた言葉に敬意と親しみ」

    AERA

    11/19

    田中美穂「『星三百六十五夜』はいつどこから読んでも楽しめる」

    田中美穂「『星三百六十五夜』はいつどこから読んでも楽しめる」

    AERA

    12/3

  • 田中美穂「『ベルリン物語』の彼らの姿は高校3年生の内面にも不思議と響いた」

    田中美穂「『ベルリン物語』の彼らの姿は高校3年生の内面にも不思議と響いた」

    AERA

    11/4

    田中美穂「木山捷平の文章からは『ああ、岡山の人だなあ』と感じる」

    田中美穂「木山捷平の文章からは『ああ、岡山の人だなあ』と感じる」

    AERA

    11/25

  • 早すぎた智の巨人、南方熊楠ー俳句歳時記を楽しむ

    早すぎた智の巨人、南方熊楠ー俳句歳時記を楽しむ

    tenki.jp

    12/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す