予約は4千人待ち 23歳のカリスマシェフが「レストラン」を嫌う理由

AERA
 23歳がつくりだす料理をNYの人々が熱望している。既成概念にとらわれない彼の料理の流儀とは。

【フォトギャラリー】「予約は4千人待ち」若き天才シェフの流儀

 ニューヨーク・ブルックリンでカリスマ的な人気を集める若手シェフ、ジョナ・レイダー氏が、ウェブメディア「HEAPS」の招きで9月に来日、ディナーイベントを行った。

 レイダー氏は2016年にコロンビア大学を卒業したばかりの23歳。「レストラン」という形を嫌い、自宅の一部を「サパークラブ」として料理をつくり、供している。数カ月前まで予約は4千人待ち、今は「ウェイティングリストに何千人というのがばからしくなって」、不定期にネットでチケットを売り出すが、3分ほどで売り切れてしまうという。

 もともと料理好きの家庭に育ち、親の手伝いで自然と台所に立つようになった。料理を専門的に勉強していないが、大学の寮で友人をもてなしたものが評判になり、客が集まるように。

 ウォールストリート・ジャーナルやニューヨーカーといった大手メディアにも記事が載った。

 大学では、「世の中を知りたいから」と経済学や社会学を専攻。ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ教授のリサーチアシスタントを務めた。ちなみに同教授は彼の料理のケータリングを利用する「顧客」でもある。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック