AERA dot.

谷原章介さんのお宝は「ハーレー」 バイク買うたびに感じる大人の証し

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

俳優・谷原章介さん(45)(写真:本人提供)

俳優・谷原章介さん(45)(写真:本人提供)

谷原章介さんの愛車「ハーレー」(写真:本人提供)

谷原章介さんの愛車「ハーレー」(写真:本人提供)

谷原章介さんの愛車「ハーレー」のスピードメーター(写真:本人提供)

谷原章介さんの愛車「ハーレー」のスピードメーター(写真:本人提供)

「断捨離」と言われても、なかなかモノが捨てられない。だが、インターネットのおかげで、実家の片づけや引っ越しで出るガラクタにも値がつく時代に。訪日する中国人が、家の片隅に置かれた中国骨董に高値をつけ、メルカリでどんどん遺品整理もできる。タンスの中は、宝の山だ。AERA 2017年9月25日号では「お宝流出時代」を大特集。

【写真】谷原章介さんの愛車「ハーレー」はこちら

 モノでも、体験でも人生の逸品を見つけられた人は幸せだ。その喜びは世界でひとつの物語。俳優の谷原章介さんのお宝とは。

*  *  *
 3年前、「FLH」1972年型のオフホワイトのハーレーを購入しました。元々は米国の警察車両でメータ部分に“POLICE SPECIAL”とあります。

 アメリカは州によって警察用のバイクの車種が違うんです。これはアリゾナ州で乗られていたものでした。購入したのは10年ぶりです。

 ドラマで忙しくなり、事故はできないので手放しましたが、落ち着いてきて、改めてバイクに戻りました。今回で6台目。バイクは17歳から乗っています。

 町中で走っているバイクを見てかっこいいなと思い、中型免許は高校生の時に取りました。アメリカンタイプは2台目です。

 以前は、ホンダのクラブマンなどに乗っていましたが、カウル(車体についているカバー)があるようなスポーツタイプの車種は乗ったことないですね。

 クルマやバイクに憧れがあって、バイクを買った時大人に成った証しといいますか、自由を手にしたような気がしました。

 ハーレーは鼓動感があり、エンジンが一発一発「トントン」と爆発している振動を感じることができ、気持ちいいいですね。

 型式が古いため、「古いバイクの乗り方」を心がけています。運転していると動きが重いので、

 基本は「ゆっくり、真っすぐ」。ブレーキなど車体の反応が遅いため、早め早めの対応をし、常に周りに注意して運転しています。

 自宅のガレージに置いているのですが、バッテリーが上がらないように月に1回程度はエンジンをかけています。

 冬場はキャブレターを調整する程度のことは自分でして、エンジンがかかりやすくしています。

 スケジュールにゆとりがあり、翌日が休みの時に友人と、もしくは一人で乗りにでかけます。年に5回ほど乗っています。でもここ最近は乗ってないですね。

 今が乗るのにちょうど良い季節。この秋雨前線がなくなったら乗りに行きたいですね。

(構成/編集部・小野ヒデコ)

AERA 2017年9月25日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加