弔いだってデジタル化 四十九日まではロボットで一緒に

2017/08/06 16:00

 日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

あわせて読みたい

  • スマホはプロもお手上げ…負債を抱えない「デジタル遺品」整理

    スマホはプロもお手上げ…負債を抱えない「デジタル遺品」整理

    週刊朝日

    1/28

    23区の死者は“火葬場ラッシュ”に合う…「弔い」の地域差

    23区の死者は“火葬場ラッシュ”に合う…「弔い」の地域差

    週刊朝日

    9/3

  • 「デジタル終活」の悲劇…長年の浮気が発覚した!!

    「デジタル終活」の悲劇…長年の浮気が発覚した!!

    dot.

    4/1

    明日で2017年がスタート100日!今年の目標を再確認しましょう

    明日で2017年がスタート100日!今年の目標を再確認しましょう

    tenki.jp

    4/9

  • 人間の葬式より手厚く盛大に… 「猫寺」が行うペット供養の現在

    人間の葬式より手厚く盛大に… 「猫寺」が行うペット供養の現在

    dot.

    10/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す