西島秀俊×吉瀬美智子「最後ににゃんこが誘拐されたら…!?」ブランケット・キャッツ撮影秘話対談 (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西島秀俊×吉瀬美智子「最後ににゃんこが誘拐されたら…!?」ブランケット・キャッツ撮影秘話対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA#ねこ
西島秀俊(にしじま・ひでとし):1971年、東京都生まれ。2002年に北野武監督「Dolls」に主演し注目を集める。「MOZU」シリーズほか多くの映画、ドラマで活躍。映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が11月3日から東宝系で公開予定/吉瀬美智子(きちせ・みちこ):1975年、福岡県生まれ。2007年に本格的に女優に転身し、「ハガネの女」「死刑台のエレベーター」などドラマや映画で活躍。7月13日から始まるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系、木曜22時~)にも出演(撮影/加藤夏子)

西島秀俊(にしじま・ひでとし):1971年、東京都生まれ。2002年に北野武監督「Dolls」に主演し注目を集める。「MOZU」シリーズほか多くの映画、ドラマで活躍。映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が11月3日から東宝系で公開予定/吉瀬美智子(きちせ・みちこ):1975年、福岡県生まれ。2007年に本格的に女優に転身し、「ハガネの女」「死刑台のエレベーター」などドラマや映画で活躍。7月13日から始まるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系、木曜22時~)にも出演(撮影/加藤夏子)

西島:僕は一応デビューは22、23歳ですけど、器用ではないので、いろいろすごく時間のかかるタイプで。

吉瀬:私は本当に遅いですよ。32歳でモデルから女優に転身した。10代から女優をやる人も多いのに。

西島:吉瀬さんって僕には軽やかなイメージがあった。「私はこれがやりたい」という意志が明確にあって、外には苦労を全然見せずに、軽やかに自分のキャリアを思った通りに積んでいるようで、すごくうらやましいですよ。苦労してます?

吉瀬:してますよ! いろいろあるんです、これでも(笑)。

 撮影現場ではNGがほとんどなかったそうだ。

西島:だって出せないですよ。「あ~、いませっかく猫よかったのに!」とか言われますし。

吉瀬:すみません、私が出しちゃってホントに(笑)。

西島:猫たちと一緒だとずっとカメラを回し続けて、一連で演技をする必要がある。普段とまた違う緊張感はありました。
吉瀬 私は第1話で「猫が心配な秀亮が、預けた先の家族だんらんをのぞいてる」シーンがすごく好き。近所の人に「ちょっと、あの人……」とか言われてて笑っちゃうんです。西島さんってそういう役柄あまりないでしょう。

西島:たしかに刑事役とかが多いから。猫が無事に新しい飼い主にもらわれていく展開もあるんですが、これが寂しくて。その猫とも現場で「お疲れさま」となっちゃうので、スタッフもなんとなくしゅんとなっちゃって。

●拳銃は出てこない(笑)

西島:いまのドラマって家族が崩壊していたりとか、殺伐としたものも多かったりしますが、でもこのドラマには誰も悪人が出てこない。昔のホームドラマみたいでいいなあと。

吉瀬:拳銃も出てこないし(笑)。

西島:そう、最後の最後で「猫が誘拐された!」という展開になったらどうしようかと思った。

吉瀬:拳銃渡されて「ほら、犯人追って!」みたいな。

西島:よかったです、そうならなくて(笑)。

西島さんってこういう役柄あまりないでしょう?(吉瀬)

(ライター・中村千晶)

AERA 2017年7月3日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい