西島秀俊×吉瀬美智子「最後ににゃんこが誘拐されたら…!?」ブランケット・キャッツ撮影秘話対談 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西島秀俊×吉瀬美智子「最後ににゃんこが誘拐されたら…!?」ブランケット・キャッツ撮影秘話対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA#ねこ
西島秀俊(にしじま・ひでとし):1971年、東京都生まれ。2002年に北野武監督「Dolls」に主演し注目を集める。「MOZU」シリーズほか多くの映画、ドラマで活躍。映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が11月3日から東宝系で公開予定/吉瀬美智子(きちせ・みちこ):1975年、福岡県生まれ。2007年に本格的に女優に転身し、「ハガネの女」「死刑台のエレベーター」などドラマや映画で活躍。7月13日から始まるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系、木曜22時~)にも出演(撮影/加藤夏子)

西島秀俊(にしじま・ひでとし):1971年、東京都生まれ。2002年に北野武監督「Dolls」に主演し注目を集める。「MOZU」シリーズほか多くの映画、ドラマで活躍。映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が11月3日から東宝系で公開予定/吉瀬美智子(きちせ・みちこ):1975年、福岡県生まれ。2007年に本格的に女優に転身し、「ハガネの女」「死刑台のエレベーター」などドラマや映画で活躍。7月13日から始まるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系、木曜22時~)にも出演(撮影/加藤夏子)

西島:セット替えの最中でも居心地良さそうに動かない子もいて「このまま置いとこうか」とか。

吉瀬:かごに入ったままとかでしたね。

西島:猫たちはみんな本名と役名と、預けられた先でつけられる名前とがあって、衣装も専用のブランケットが1匹ずつあるんです。しっかりした俳優として現場にいる感じでした。

 二人とも実家で猫と暮らした経験があるが、いまは飼っていないという。

西島:吉瀬さんは、どのにゃんこが一番好き?

吉瀬:いきなりその質問?(笑)

●撮影中に猫が出産

西島:スタッフにはけっこう明快に好みがありましたね。「俺は焦げパン派」「僕はうに派」って。

吉瀬:西島さんは何派なの?

西島:みんな好き。

吉瀬:ずるい! 自分で振っておきながら。

西島:性格がみんな違うじゃない? うにはやんちゃだし、焦げパンやジャックはおとなしい。そうそう、子どもが生まれたんですよ、撮影中に。

吉瀬:にぼしの子ね。

西島:猫の妊娠ってなかなかわからないらしくて、撮影中に「子どもがいるらしい」とわかって撮影をすることができたんです。ドラマにもちゃんと反映されて。すごく幸せな感じでした。

吉瀬:とても可愛かったですね。

西島:本気で連れて帰りたかったですよ。諸事情によりあきらめましたが。

●クールだと思ったが…

 撮影前はお互いに、クールなイメージを持っていたという。

西島:いや、ホントに吉瀬さんってこんな方だとは思ってなくて。いい意味でね(笑)。

吉瀬:そうですか?

西島:特に今回の役は下町の世話焼きな女性だから、いままでのイメージとはまたちょっと違って新鮮でした。吉瀬さんって現場でひとりでポツンとしてる人がいると、絶対声をかけに行きますよね。

吉瀬:気になるんですよね。私も西島さんってもっとクールでしゃべらない人かと思っていた。でも意外に話しやすい、気さくな方で。いろんなことに詳しいし、撮影中もいろんな話をしてました。

西島:「お互いデビューが遅いよね」とかね。

吉瀬:そうそう。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい