三菱自動車は“ムラ”から脱却できるか

企業

2017/06/30 07:00

 地に落ちたイメージを回復させて、業績も上向かせる……。これまで、多くの企業が直面し、その実現に腐心してきた。これは、個人の場合でも同じこと。落ち込んだ底が深ければ深いほど、復活には時間がかかる。AERA 2017年7月3日号では、「どん底からの脱出」と銘打ち、見事V字回復した企業を大特集。そのとき企業は、個人は、何を考え、どう振る舞うべきなのか。当事者たちの話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 三菱燃費データ不正問題 背後に「ゴーン氏の策略」のにおい?

    三菱燃費データ不正問題 背後に「ゴーン氏の策略」のにおい?

    AERA

    5/17

    三菱自不正直撃で悲痛の倉敷市 次は「ゴーン・ショック」を恐れている

    三菱自不正直撃で悲痛の倉敷市 次は「ゴーン・ショック」を恐れている

    週刊朝日

    5/20

  • 三菱自救済は商事主導で軽自動車撤退へ

    三菱自救済は商事主導で軽自動車撤退へ

    ダイヤモンド・オンライン

    5/9

    日産がトヨタを食う!? プリウス販売台数も上回る「eパワー」

    日産がトヨタを食う!? プリウス販売台数も上回る「eパワー」

    週刊朝日

    5/16

  • 国内から三菱消滅か…官邸も巻き込む? 日産・ゴーンのしたたかさ

    国内から三菱消滅か…官邸も巻き込む? 日産・ゴーンのしたたかさ

    週刊朝日

    5/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す