大損傷した米イージス艦 起こるはずのない衝突

2017/06/24 16:00

 今年の米第7艦隊は事故続きだ。1月31日には巡洋艦アンティータム(約1万トン)が母港横須賀の港口付近で浅瀬に乗りあげてプロペラを損傷、油圧作動用の油約4トンが流出した。5月9日には韓国・浦項(ポハン)沖の日本海で巡洋艦レイク・シャンプレイン(同型)が韓国漁船と接触している。

あわせて読みたい

  • 陸上イージスは弾が高すぎて買えない? 防衛能力が上がらない理由

    陸上イージスは弾が高すぎて買えない? 防衛能力が上がらない理由

    AERA

    9/27

    レーダー照射問題 韓国に「強い抗議は難しい」軍事ジャーナリストが解説

    レーダー照射問題 韓国に「強い抗議は難しい」軍事ジャーナリストが解説

    AERA

    1/12

  • 奇襲!真珠湾 「空母加賀」航空兵が回想する米戦艦を雷撃した“あの瞬間”

    奇襲!真珠湾 「空母加賀」航空兵が回想する米戦艦を雷撃した“あの瞬間”

    dot.

    12/8

    戦後、戦艦長門を捕鯨船に転用する“計画”があった!?

    戦後、戦艦長門を捕鯨船に転用する“計画”があった!?

    dot.

    8/14

  • 46cm主砲の内部まで見られる! 実物大で蘇った「VR戦艦大和」に乗艦してきた

    46cm主砲の内部まで見られる! 実物大で蘇った「VR戦艦大和」に乗艦してきた

    dot.

    10/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す