ICT教育「導入してはみたけれど…」教諭の嘆き

2017/05/31 16:00

 2030年。あなたの子どもは何歳だろうか。ちょうどこの頃、社会の中核を担うのは今の中高生だ。AI(人工知能)の進化で仕事も働き方も急速に変わり始めた。変化の加速度を考えると、学校選びの基準もこれまでと大きく違ってくる。もう「教育改革」など待っていては、わが子の成長に間に合わない。AERA 2017年6月5日号では、「AI時代に強い中高一貫・高校選び」を大特集。教育現場へのICT売り込みが過熱する一方、導入する側の学校関係者の心境は複雑だという――。

あわせて読みたい

  • プログラミング教育必修化直前、今こそ問われる先生の姿勢とは?
    筆者の顔写真

    福田晴一

    プログラミング教育必修化直前、今こそ問われる先生の姿勢とは?

    AERA

    2/26

    2020年度から小学校でプログラミング教育必修 でも教える人がいない!

    2020年度から小学校でプログラミング教育必修 でも教える人がいない!

    AERA

    10/26

  • 早期退職も考えた… プログラミング教育必修化で校長に必要なこととは?
    筆者の顔写真

    福田晴一

    早期退職も考えた… プログラミング教育必修化で校長に必要なこととは?

    AERA

    10/9

    「教わったことも教えたこともないプログラミング教育」を理解してもらうための3つの方法
    筆者の顔写真

    福田晴一

    「教わったことも教えたこともないプログラミング教育」を理解してもらうための3つの方法

    AERA

    9/25

  • 我が子の習い事にプログラミング教室!? 単なるスキルに留まらない、そこで学べる大切なものとは

    我が子の習い事にプログラミング教室!? 単なるスキルに留まらない、そこで学べる大切なものとは

    dot.

    12/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す