ICT教育「導入してはみたけれど…」教諭の嘆き (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ICT教育「導入してはみたけれど…」教諭の嘆き

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵AERA
子どもがプログラミングで動かせる、ブロック製のロボット教材は注目の的(撮影/福光恵)

子どもがプログラミングで動かせる、ブロック製のロボット教材は注目の的(撮影/福光恵)

チアガールのデモンストレーションで、最新の動画撮影システムを紹介する企業も(撮影/福光恵)

チアガールのデモンストレーションで、最新の動画撮影システムを紹介する企業も(撮影/福光恵)

1千社規模のイベントになるという来年も、すでに出展予約でいっぱい(撮影/福光恵)

1千社規模のイベントになるという来年も、すでに出展予約でいっぱい(撮影/福光恵)

 2030年。あなたの子どもは何歳だろうか。ちょうどこの頃、社会の中核を担うのは今の中高生だ。AI(人工知能)の進化で仕事も働き方も急速に変わり始めた。変化の加速度を考えると、学校選びの基準もこれまでと大きく違ってくる。もう「教育改革」など待っていては、わが子の成長に間に合わない。AERA 2017年6月5日号では、「AI時代に強い中高一貫・高校選び」を大特集。教育現場へのICT売り込みが過熱する一方、導入する側の学校関係者の心境は複雑だという――。

*  *  *
「おおおお!」

 超満員の会場で、ひときわ大きなどよめきと拍手が聞こえた。何かと思えばパナソニックグループが出展する「スポーツ向けICTソリューション」のブース。チアリーダーに扮したキャンペーンガール3人が、大型液晶画面の前で踊りながら、動画撮影システムを紹介するデモンストレーションの真っ最中だ。

 ゲームショーかと見まがうばかりの熱気に包まれていたここは、5月中旬に東京ビッグサイトで開かれた「教育ITソリューションEXPO」の会場。学校や教育委員会、予備校などに向けて、デジタル教材や最新のIT機器などを売り込む見本市で、IT企業や教材会社など約800社もの企業が出展した。

●あらゆる設備がIT化

 入場者数もすごい。「学校・教育関係者のみ」が入場できるピンポイントなイベントだというのに、3日間で3万人以上が来場した。そして何より驚いたのは、会場で売り込まれていた製品のバリエーションの多さだ。

「電子教科書」や「電子ノート」、無線LANなどネット関連設備はもちろん、先生を助けるテストの採点システムもあれば、学校放送をサポートする製品なんていうのもある。

 ちなみに冒頭で紹介した、一見教育とは関係のなさそうなチアリーダーのデモンストレーションも、体育や部活などで、フォームの矯正などに活用できる最新の記録システム。要は学校にあるありとあらゆる道具や設備がスマート化して、スタンバイ完了。導入されるのを今か今かと待っている状態に見えた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい