久保裕也 日本代表エース候補がベルギーでゴール量産の理由 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

久保裕也 日本代表エース候補がベルギーでゴール量産の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗原正夫AERA
代表戦を含め、なぜこれほどゴールが増えたのか(※写真はイメージ)

代表戦を含め、なぜこれほどゴールが増えたのか(※写真はイメージ)

 一躍日本代表のエース候補に台頭したFW久保裕也(23)が、ベルギーでもゴールを量産し話題を呼んでいる。

 今年1月にスイスのヤングボーイズからベルギーのゲントに移籍すると、初出場したリーグ戦でいきなり直接FKを沈めるなどレギュラーシーズン終盤の7試合で5ゴールと爆発。チームを上位6チームによる優勝決定プレーオフ出場に導くと、そのプレーオフでも9節終了時(全10節)で6ゴールと高い決定力を見せている。

 本稿執筆時点(5月19日)でゲントは2位クラブブルージュと勝ち点1差の3位。最終戦(現地時間21日)は、そのクラブブルージュと直接対決となり、来季の欧州チャンピオンズリーグ出場(上位2位以内)へ望みをつないでいる。

●プレーに派手さはない

 ゲントはプレーオフ突入後6試合負けなしだったが、7節でオーステンデに3-4と初黒星を喫すると、8節のシャルルロワ戦でも1-1のドローと足踏み。だが、久保は勝ち点を落とした試合を含むほとんどの試合でゴールを奪うと、9節のズルテ・ワレゲム戦でも1ゴール2アシストと移籍後3度目の3試合連続ゴールでチームを5-2の勝利に導いた。これで今季のゴール数は、ヤングボーイズ在籍時の25試合12得点に加え、ゲント加入後も16試合11得点と計23得点(カップ戦を含む)にまで伸ばしている。

 それにしても代表戦を含め、なぜこれほどゴールが増えたのか。久保は涼しい顔でこう話す。

「チャンスを決められているから、それだけじゃないですか。来たチャンスを決められているのが、結果が出ている要因だと思います」

 プレーに派手さはないが、シンプルで的確。そして、高いシュート精度は光る。

「まあ、落ち着いて蹴れているので。ゴール前で焦っていないのが(シュートが枠内にいく)一番の理由かなと思います。もちろん、ディフェンダーの足に当てないようにとか、GKのタイミングをずらすことなどは考えていますけど……」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい