東浩紀「対米従属というリスクあり 『トランプ以後』の構想を」

eyes 東浩紀

ドナルド・トランプ

2017/04/29 07:00

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。
*  *  *
 朝鮮半島情勢が緊迫している。米メディアは4月13日、米国は、北朝鮮が核実験を実施すると確信した段階で先制攻撃をする用意があると報じた。翌々日の15日は北朝鮮の祝日「太陽節」にあたり、核実験の可能性が高いとも報じられた。米国が攻撃すれば北朝鮮は弾道ミサイルで反撃し、その照準は日本に向く可能性がある。すわ戦争かと日本のメディアは色めき立ち、前夜のSNSは怯える呟きで埋め尽くされた。

あわせて読みたい

  • 「朝鮮戦争は終わっていない」 五味洋治氏の著書から解き明かす朝鮮の歴史

    「朝鮮戦争は終わっていない」 五味洋治氏の著書から解き明かす朝鮮の歴史

    AERA

    2/11

    北朝鮮の挑発と米国の圧力 読み間違えで一触即発

    北朝鮮の挑発と米国の圧力 読み間違えで一触即発

    AERA

    4/18

  • 田原総一朗「米朝を新しい『6者協議』の席に着かせる手段はあるか」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「米朝を新しい『6者協議』の席に着かせる手段はあるか」

    週刊朝日

    8/30

    米朝衝突はある?ない? 可能性を「0%」にする“秘策”も

    米朝衝突はある?ない? 可能性を「0%」にする“秘策”も

    AERA

    3/15

  • 専門家が指摘…金正恩は「米国が攻撃しない」と足元見ている?

    専門家が指摘…金正恩は「米国が攻撃しない」と足元見ている?

    AERA

    9/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す