東浩紀「もっとも深刻なのは『忘れっぽさ』である」

eyes 東浩紀

東浩紀

2017/01/06 11:30

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。
*  *  *
 新しく本コラムを担当することになった。まずは短く自己紹介させていただきたい。

あわせて読みたい

  • 東浩紀「デモの敵は民衆 米国で進む民主主義の深刻な危機」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「デモの敵は民衆 米国で進む民主主義の深刻な危機」

    AERA

    8/30

    東浩紀「戦後か明治かの選択こそが、ぼくたちを無力にしている」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「戦後か明治かの選択こそが、ぼくたちを無力にしている」

    AERA

    1/11

  • 東浩紀「立憲民主党の敗北に、足腰の強い批判的政治勢力の立ち上がりを期待」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「立憲民主党の敗北に、足腰の強い批判的政治勢力の立ち上がりを期待」

    AERA

    11/16

    東浩紀、ロシアの収容所跡で思う「日本人の忘れっぽさ」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀、ロシアの収容所跡で思う「日本人の忘れっぽさ」

    AERA

    11/15

  • 東浩紀「仏大統領選で問われた グローバリズムの賛否」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「仏大統領選で問われた グローバリズムの賛否」

    AERA

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す