北大が不動産業に参入? 自主財源探しに力入れる国立大

2016/12/16 16:00

 大学が、世間と隔離された「象牙の塔」と言われたのはまさに「今は昔」。国からの補助金も削られ、若年人口も減少する中、自ら「稼ぐ」ことなしに生き残りを図れない傾向が強まっている。働く環境の悪化に苦しむ教職員。経営難の地方私大の中には「ウルトラC」の離れ業で大逆転を狙うところも出てきた。そんな大学の最新事情を12月19日号のAERAが「大学とカネ」という切り口で特集。政府がもっと教育に投資を、という内外の声ももっともだが、財政事情を考えるとあまり期待はできないだろう。大学に打つ手は、まだあるのか。国立大学の経営について取材した記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東大36位、京大54位、中国の大学は世界トップ20入り 日中格差のなぜ

    東大36位、京大54位、中国の大学は世界トップ20入り 日中格差のなぜ

    dot.

    7/16

    少子化も「大学は成長産業」 ライフネット生命創業者創業者・出口氏が持論

    少子化も「大学は成長産業」 ライフネット生命創業者創業者・出口氏が持論

    AERA

    11/5

  • ノーベル賞 日本の快進撃は続く? 専門家の意見は

    ノーベル賞 日本の快進撃は続く? 専門家の意見は

    AERA

    10/12

    安倍政権“横暴改革”で大学崩壊 人件費削減、研究者は非正規雇用に

    安倍政権“横暴改革”で大学崩壊 人件費削減、研究者は非正規雇用に

    週刊朝日

    11/6

  • 東大に対抗する「第二東京大学」誕生? 国立大再編の動き

    東大に対抗する「第二東京大学」誕生? 国立大再編の動き

    週刊朝日

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す