加工業者がマグロ船を建造、自ら漁に出た理由

2016/12/02 11:30

 健康志向の高まり、高齢化、働く女性の増加など、食卓を取り巻く環境は大きく変わった。食品メーカーや卸業者など食に関わる会社は、こうした動きをビジネスチャンスと捉える。これからのニッポンの食卓とは? AERA 12月5日号では「進化する食品」を大特集。例えば、消費の減少で低迷する水産業。漁師から町の魚屋まで昔ほど儲からなくなった中、買い手のニーズをうまく取り込み成長を続ける会社が存在するという。

あわせて読みたい

  • さようなら築地市場…私たちはなぜ「築地」に惹かれるのか?

    さようなら築地市場…私たちはなぜ「築地」に惹かれるのか?

    AERA

    10/2

    ニューウェーブ鮮魚店が楽しい! プロも通う「その理由」

    ニューウェーブ鮮魚店が楽しい! プロも通う「その理由」

    AERA

    6/25

  • 開店3年目でも行列絶えず! 近畿大学イチ押し養殖魚の「キンダイ」って何?

    開店3年目でも行列絶えず! 近畿大学イチ押し養殖魚の「キンダイ」って何?

    dot.

    10/25

    「鮮魚のアマゾン」目指す企業 その仕組みは

    「鮮魚のアマゾン」目指す企業 その仕組みは

    AERA

    4/12

  • 将棋で注目のAIがマグロを目利きしたらどうなる? 「Aランク」の仕入れを任せた結果…
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    将棋で注目のAIがマグロを目利きしたらどうなる? 「Aランク」の仕入れを任せた結果…

    AERA

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す