iPS10歳、浮上してきた新たな問題

2016/11/28 16:00

 日本発の「画期的」な「万能細胞」、iPS細胞が、今年で10歳を迎えた。技術的な課題を次々にクリアする一方で、倫理的な課題が新たに浮上している。

あわせて読みたい

  • iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    iPS細胞作製成功から15年 夢の技術から「身の丈に合った規模に」

    週刊朝日

    2/21

    ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    ALS、アルツハイマーも根治? iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性

    週刊朝日

    2/20

  • 田原総一朗「iPS細胞と超高価薬が突きつける『生命の値段』問題」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「iPS細胞と超高価薬が突きつける『生命の値段』問題」

    週刊朝日

    6/21

    他人のiPS細胞を移植?! “iPS細胞ストック”の可能性

    他人のiPS細胞を移植?! “iPS細胞ストック”の可能性

    dot.

    9/2

  • 「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    AERA

    9/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す