AERA dot.

糸井重里から働く人へ ちゃんとメシ食って、風呂入って、寝てる人にはかなわない

このエントリーをはてなブックマークに追加

糸井重里(いとい・しげさと)/1948年生まれ。71年コピーライターに。西武百貨店「おいしい生活。」などの広告で知られる。98年から毎日ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を更新し「ほぼ日手帳」は定番に。犬や猫と人が親しくなるアプリ「ドコノコ」をリリース (c)朝日新聞社

糸井重里(いとい・しげさと)/1948年生まれ。71年コピーライターに。西武百貨店「おいしい生活。」などの広告で知られる。98年から毎日ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を更新し「ほぼ日手帳」は定番に。犬や猫と人が親しくなるアプリ「ドコノコ」をリリース (c)朝日新聞社

AERA11/21号 Kindle版

朝日新聞出版
定価:360円(税込)

B01MQ4IELE

amazonamazon.co.jp

●会社の目標は「虫歯ゼロ」 社内総虫歯数は一桁に

 ウチの会社では、プロジェクトを始めるときは、必ずこう言っています。

「健康第一、おもしろ第二」
「安全第一、おもしろ第二」

「頑張る」と言うと、笑われるんです。自分が壊れ物だという自覚は、みんなあるんじゃないかな。ウチみたいな小さな会社にも、産業医が来てくれて、毎年健康診断後には面談もありますし、ちょっとくたびれるとすぐ相談もできます。

 6年前、全社をあげて「虫歯ゼロの会社」を目標にしたんです。歯の手入れは面倒くさい。痛いし嫌だしお金もかかる。歯が手入れされなくなったら、すべての健康が危ないというのが、ぼくの考えです。ぼく自身、大変な虫歯持ちで、歯に悩まされる半生を送ってきました。どれだけ自分をケアできていなかったのかと思います。

 はじめの年に見つかった社内総虫歯数は、35本。頑張って治療するのですが、毎年新入社員も来ますし、新たに発見される虫歯もあって、なかなかゼロにはならないんです。でも、3年後には一桁にはなりました。

 こういうアプローチもある。マインドとボディーをケアする風土を、どうつくっていくか、っていうことなんだと思います。(構成・熊澤志保)

AERA 2016年11月21日号


トップにもどる AERA記事一覧


   働き方 , 糸井重里 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加