自販機にも登場 「常温」飲料ブームと細菌増殖リスク (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自販機にも登場 「常温」飲料ブームと細菌増殖リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部・竹下郁子AERA#食の安全
東京国際フォーラムの自販機では、常温品の売り上げはお茶72%、水24%、コーヒー4%だった/東京・丸の内(撮影/編集部・竹下郁子)

東京国際フォーラムの自販機では、常温品の売り上げはお茶72%、水24%、コーヒー4%だった/東京・丸の内(撮影/編集部・竹下郁子)

500mlペットボトル入り清涼飲料の商品テスト結果。国民生活センター調べ

500mlペットボトル入り清涼飲料の商品テスト結果。国民生活センター調べ

 額に汗を輝かせ、キンキンに冷やした飲み物にのどを鳴らすなんてもう古い。むしろ「ぬるいから、好き」という常温飲料フリークが急増中だ。

 お茶を飲んで一言。

「ぬるいけど、好き」

 女優・波瑠が出演するキリン生茶のCMだ。キャッチコピーは「常温を楽しむ」である。

 東京のオフィス街のローソン。レジ前にどーんと常温飲料コーナーが設けられていた。水やお茶はもちろん、脱水症状に効果的な経口補水液や、塩分・糖分の補給にうれしいスポーツドリンクや清涼飲料など、約20種類がずらりと並ぶ。ローソンが常温飲料の全国販売を始めたのは2013年5月。以来、売り上げは伸び、種類も売り場も拡大し続けている。冷たいものを好まない中国人観光客にも好評で、空港内店舗には広い売り場を設けている。

 常温商戦のピークは夏だ。人気を支えるのは「冷房が利きすぎたオフィスでの冷えを解消したい」という“ワーク・クール・バランス”を求める声。ほかにも「結露で資料やかばんがぬれるのが嫌」「薬やサプリが飲みやすいから」など、さまざまなニーズがある。

●男性も4割が支持

 今春から自動販売機で常温飲料の提供を始めたのは、アサヒ飲料だ。自販機での売り上げは右肩下がりで、特に女性客の減少が目立つ。そこで健康や美容に気を使う女性をメインターゲットに、水、お茶、コーヒーの常温販売に踏み切った。現在は首都圏のオフィス、病院、マンションを中心に約65台を設置しており、年内に300台まで拡大する計画だ。

 参考にしたのは、ある電機メーカーが行った自販機に関する調査だ。女性で(1)常温飲料を買ってみてもよいと答えた人は約80%、(2)夏以外にも購入したい人は約75%と、かなりの支持。男性も(1)約40%(2)約50%と意外に高率だった。

 自販機や冷蔵ケースの冷たい飲み物の温度は平均5度。一方、常温の定義は、日本薬局方では20度プラスマイナス5度、JIS(日本工業規格)では20度プラスマイナス15度。アサヒ飲料の自販機は20度に設定している。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい