ブサカワネズミががんから人類を救う

がん

2016/07/03 16:00

 がんになるのはヒトだけではない。魚もトリもネズミもイヌもネコもがんになる。ところがアフリカ原産の小動物ハダカデバネズミは長寿の上にがんに非常になりづらい。この秘密を解く鍵を日本の研究者が見つけた。

あわせて読みたい

  • iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    AERA

    11/28

    池田早大教授「iPSとSTAPは、こう違う」

    池田早大教授「iPSとSTAPは、こう違う」

    週刊朝日

    2/21

  • 老化は治せる時代に? 「老化細胞」除去でがんや糖尿病を予防

    老化は治せる時代に? 「老化細胞」除去でがんや糖尿病を予防

    週刊朝日

    7/16

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    AERA

    9/10

  • iPS細胞研究に「ガラパゴス化」の批判の一方、新たな可能性

    iPS細胞研究に「ガラパゴス化」の批判の一方、新たな可能性

    AERA

    12/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す