フランス女性映画監督の体験を反映した骨太作品続々公開 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フランス女性映画監督の体験を反映した骨太作品続々公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
「裸足の季節」 昨年のカンヌ国際映画祭で話題を集め、5人姉妹を演じた少女たちも、各国で絶賛された (c)2015 CG CINEMA-VISTAMAR Filmproduktion-UHLANDFILM-Bam Film-KINOLOGY

「裸足の季節」
 昨年のカンヌ国際映画祭で話題を集め、5人姉妹を演じた少女たちも、各国で絶賛された (c)2015 CG CINEMA-VISTAMAR Filmproduktion-UHLANDFILM-Bam Film-KINOLOGY

「裸足の季節」 6月11日から、東京のシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開 (c)2015 CG CINEMA-VISTAMAR Filmproduktion-UHLANDFILM-Bam Film-KINOLOGY

「裸足の季節」
 6月11日から、東京のシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開 (c)2015 CG CINEMA-VISTAMAR Filmproduktion-UHLANDFILM-Bam Film-KINOLOGY

「めぐりあう日」 主演は、フランスで最も旬な女優の一人、セリーヌ・サレット。抑えた演技が光る。7月30日から、東京・岩波ホールほかにて全国順次公開 (c)2015-GLORIA FILMS-PICTANOVO

「めぐりあう日」
 主演は、フランスで最も旬な女優の一人、セリーヌ・サレット。抑えた演技が光る。7月30日から、東京・岩波ホールほかにて全国順次公開 (c)2015-GLORIA FILMS-PICTANOVO

 今年6月から8月にかけて、フランスの女性監督による作品が毎月、劇場公開される。毎年6月に行われる「フランス映画祭」を主催する、ユニフランス東京の手束紀子支局長は語る。

「女性監督という言葉から連想される緩やかな世界観というよりは、強い意志を感じる作品が多い印象を受けます」

●俯瞰し冷静に見つめる

 女優として活動した後、もっと別の形で映画に関わりたいと、監督としてのキャリアをスタートさせる女性も多く、強い思いが凝縮されている。

 エルギュヴェン監督のように、移り住んだフランスで高度な映画教育を受け、初期の作品で出自をテーマに選ぶ傾向は男女問わず多く見られるという。

 7月公開の「めぐりあう日」の監督であるウニー・ルコントは、9歳の時に韓国からフランスに養子として渡り、衣装デザインのアシスタントや女優として小さな役を演じた後、監督に転身した。孤児であった体験を主人公に投影した「冬の小鳥」で2009年に監督デビューを果たした。「めぐりあう日」は、実母を知らずに育ったフランス人女性が、生まれ育った孤児院のある町に引っ越すところから物語が始まる。

 両作品を配給するクレストインターナショナルの渡辺恵美子代表によると、「冬の小鳥」の後、養子縁組というテーマから一度離れてみては?という周囲からの声もあったが、ルコント監督はこのテーマにこだわり続けたという。「めぐりあう日」では、自身の体験と作品の間にわずかな距離が生まれた。

「俯瞰して、冷静に自分を見つめられるようになったのでは」(渡辺さん)

 観れば無条件に明るく元気になる、いわゆるガールズムービーとはちょっと違う。人生に起こったすべてのことを受け入れ、骨太かつ洗練された作品が生まれている。(ライター・古谷ゆう子)

AERA 2016年6月13日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい