発達障害の子育て 親の思い通りよりも「この子ありき」が大事

出産と子育て

2016/06/07 07:00

「我が子が障害児?」「なぜうちの子だけ?」。親たちは長らく迷い、とまどう。人とのかかわりが苦手な子がストレスを減らし、その子らしく生き抜くために。あえて社会に開いて新しい関係を築き上げた親子たちがいる。

あわせて読みたい

  • 発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    AERA

    5/21

    発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    AERA

    6/2

  • 理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    AERA

    5/16

    ある“事件”がきっかけで我が子の発達障害を知った…母親たちの苦悩と願い

    ある“事件”がきっかけで我が子の発達障害を知った…母親たちの苦悩と願い

    AERA

    6/19

  • 発達障害のある子が「こんなに言葉が出るようになるなんて」 エビデンスのある療育“ABA”とは

    発達障害のある子が「こんなに言葉が出るようになるなんて」 エビデンスのある療育“ABA”とは

    AERA

    5/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す