生活コスト減のための移住はNG?「年間◯◯万円は必要」と専門家 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

生活コスト減のための移住はNG?「年間◯◯万円は必要」と専門家

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

ライフプランを考えるのに必要なポイントとは(※イメージ)

ライフプランを考えるのに必要なポイントとは(※イメージ)

 物価も教育費も高い。通勤電車にも疲れた。ゴミゴミした都会の生活から抜け出し、自然豊かな地方に移住したい。そう考えたことがある人は多いはず。移住にはどんな準備が必要か。ライフプランを考えるのに必要なポイントを専門家に聞いた。

 地方移住を考える大きな理由が生活費の減額だ。都心の高い住居費や教育費などの生活コストを削減したいという人は多い。家賃補助など、地方の自治体の支援を期待して移住先を探す人もいるが、それは好ましくないと、ファイナンシャルプランナーで自身も山口県にIターンしている泉谷(いずたに)勝敏さんは指摘する。

「支援はいずれなくなります。そのときに生活できなければ、移住した意味がありません」

 また、地方移住は地元にいかに溶け込むかが生活のしやすさを左右する。「支援されている人だから」と特別視されていると、いつまでもよそ者扱いされる心配もある。

「生活費の助けになる近隣からのおすそわけも、地元に溶け込み、役に立つ人間だからこそです」(泉谷さん)

 確かに地方は東京より家賃も物価も安いが、離島など物流が不便なところは、さほど物の値段は下がらない。電車網が発達した都心と違い、地方は車社会。夫婦それぞれに車が必要になることも多い。車の購入費や維持費も必要だ。

 子どもの教育費も自宅から公立に通わせれば安いが、大学進学で一人暮らしさせるとなると仕送りも必要になる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい