子どものいない教室、壊れた防波堤…福島に移り住んだ華道家が花をいけ続けた理由

東日本大震災

2016/03/15 16:00

 荒れ果てた被災地に咲く野の花。これらを摘み、壊れた防潮堤や子どものいなくなった教室などにいけて歩いた華道家がいる。原発事故で鎮魂の機会さえ奪われた地に祈りを捧げる。

あわせて読みたい

  • 巨大画「フクシマ」 カタカナの題に込めた思い

    巨大画「フクシマ」 カタカナの題に込めた思い

    AERA

    3/24

    津波を防ぐための防潮堤で集落冠水の悲劇 豪雨で排水追い付かず

    津波を防ぐための防潮堤で集落冠水の悲劇 豪雨で排水追い付かず

    AERA

    3/11

  • 暑い夏に咲く、向日葵の花言葉も熱かった!?

    暑い夏に咲く、向日葵の花言葉も熱かった!?

    tenki.jp

    8/15

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    dot.

    3/11

  • 「600年の歴史が消えていく」 震災後、住民が去った宮城・雄勝にフラワーガーデンを造った理由

    「600年の歴史が消えていく」 震災後、住民が去った宮城・雄勝にフラワーガーデンを造った理由

    AERA

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す