「中国の方が世界で通用」出張で“ドメ”社員が受けた衝撃 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「中国の方が世界で通用」出張で“ドメ”社員が受けた衝撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#仕事
ドメ→グローバルで役に立ったこと●英字新聞やペーパーバックを常に読む●週末のドライブ中は映画のDVDを流し、音声だけ聴いてマネをする

ドメ→グローバルで役に立ったこと
●英字新聞やペーパーバックを常に読む
●週末のドライブ中は映画のDVDを流し、音声だけ聴いてマネをする

安田栄一さんは、中国に来るようになって、日本を世界の中で相対化して見られるようになったと思う。今までとはニュースの見方も変わってきた(写真:本人提供)

安田栄一さんは、中国に来るようになって、日本を世界の中で相対化して見られるようになったと思う。今までとはニュースの見方も変わってきた(写真:本人提供)

 正直に言えば、英語のレベルは中国人のほうがずっと上だ。世界中の企業から生産を委託される担当者は日々、各国の顧客と英語で交渉しているのだ。言葉だけではない。色やデザインのトレンドにも彼らのほうが詳しかった。初めての出張でその「差」を思い知らされ、衝撃を受けたと安田さんは言う。

「日本が進んでいるつもりだったけど、中国人のほうがずっと世界で通用するな、と」

 ある時、中国工場の社長が「友達を10人連れてくるから」と食事に誘ってくれた。ビジネスには無関係で、損得なしに来てくれた普通のおっちゃんたち。

「反日デモなどのニュースのせいか、どこか怖いイメージを持っていたけど、おっちゃんたちは中国語と片言の英語で『よく来たなあ』と歓待してくれた。相手によくしてもらうと、僕もお返しをしたくなる。やっぱり、一対一で誠実に付き合うことが何より大事やと思いました」

AERA  2015年11月9日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい