店長から「殺してやる」深刻化するブラックバイト 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

店長から「殺してやる」深刻化するブラックバイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
記者会見した定時制高校2年の女子生徒(中央)は、働いていたコンビニで15分未満の賃金を切り捨てられ、有給休暇も取得できなかったという。「ユニオンをつくって頑張る仲間を助けたい」/8月27日、厚生労働省 (c)朝日新聞社 

記者会見した定時制高校2年の女子生徒(中央)は、働いていたコンビニで15分未満の賃金を切り捨てられ、有給休暇も取得できなかったという。「ユニオンをつくって頑張る仲間を助けたい」/8月27日、厚生労働省 (c)朝日新聞社 

 深刻化するブラックバイト問題。過酷な労働に加え、脅迫めいた言葉に恐怖を感じた学生もいる。

「殺すよ。本当に殺してやる」

 スマートフォンには、女性店長のすごむ声が吹き込まれていた。首都圏の大学2年の男性が、アルバイトをやめたいと伝えた後、かかってきた電話だという。

 男性は、昨年5月から飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」のフランチャイズ店舗にアルバイトとして勤務。当初週4日、一日約5時間の勤務だったが、昨年末ごろから人手不足などにより出勤回数が増えた。

 今年4月から8月までの約4カ月間、休みはゼロ。一日12時間近く働いた。やめようとすると店長から胸ぐらをつかまれ、「2時間食べ放題コース」のお客を時間どおりに帰せなかったことなどの「罰」として自腹を切らされた。計十数万円を支払わされたという。冒頭の脅迫めいた電話は8月中旬のものだ。

 男性は個人で入れる労働組合ブラックバイトユニオン(東京都世田谷区)に相談。ユニオンのアドバイスを受け、証拠となる音声などを残してきた。9月10日、ユニオンは、フランチャイズ本部のレインズインターナショナル(横浜市)などに、自腹支出の全額返還などを求め、団体交渉を申し入れた。

「自分のミスを責められ、死んで償えと言われ、すごく怖くて」

 記者会見で男性はそう心境を語った。うつと診断され、大学を休んでいるという。レ社はホームページで、男性の雇用主ではないとしつつも、「再発防止に向けて全力をあげて取り組んでまいる所存」と表明した。

 学業に支障が出るほど長時間労働を課せられるブラックバイト。憲法18条が定めた「奴隷的拘束及び苦役の禁止」に抵触するほど、実態は深刻化している。ユニオンには、月50件近い相談があるという。

 ブラックバイトに歯止めをかけるにはどうすればいいか。首都圏高校生ユニオンを支援する首都圏青年ユニオンの委員長、神部紅(33)はこう話す。

「まず最低限の法律を守るのは、経営者としての義務。そのうえで学生は、一人でも相談できるユニオンがあることを知っておいてほしい」

(文中敬称略)

AERA  2015年9月28日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい