「自衛隊が市民を殺すリスク」考慮すべき 安保法制で専門家指摘

安保法制

2015/07/14 16:00

 安保法制の審議が国会で進んでいる。法案には、ほかの国への攻撃に自衛隊が一緒に反撃する「集団的自衛権」を行使できるようにする▽戦争中の他国軍への補給をはじめとする「後方支援」の際、弾薬の提供や発進準備中の戦闘機への給油も可能にする▽国連平和維持活動(PKO)で、武装勢力に襲われたNGOなどを必要なら武器も使って助ける「駆けつけ警護」などの新たな任務を可能にする、といった内容が盛り込まれている。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す