別れた恋人を陰ながら支援 ヘンリー王子の男気 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

別れた恋人を陰ながら支援 ヘンリー王子の男気

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
2014年3月、ロンドンウェンブリーで行われたチャリティーイベントに仲良く出席したヘンリー王子とクレシダさん(写真:gettyimages)

2014年3月、ロンドンウェンブリーで行われたチャリティーイベントに仲良く出席したヘンリー王子とクレシダさん(写真:gettyimages)

 王女誕生にわくイギリス。その陰に隠れる形の弟・ヘンリー王子だが、実は別れた“元カノ”を陰ながら支える心優しいマメ男だった。

 ヘンリー王子(30、愛称ハリー)は最後の独身王子とあって、争奪戦は熾烈を極める。イギリスには「ハリーマニア」と呼ばれる熱心なファンも多い。

 これまで王子と交際した女性としてまず挙げられるのが、初恋の相手チェルシー・デービーさん(29)だ。彼女はアフリカ・ジンバブエ出身で、屈託のない笑顔、大きな包容力、物事にこだわらないやさしさは、とかく脱線しがちな王子には救いであり魅力だった。王子が彼女の頬にキスするアツアツのシーンなども撮影されている。

 2011年の兄王子の結婚式にチェルシーさんも招待されたものの、堅苦しいところがある王室生活は自分には向かないとしてチェルシーさんは去って行った

 王子が次に付き合ったのはクレシダ・ボナスさん(26)だった。クレシダさんの母親は名門貴族出身で、かつては美貌を誇る社交界の花だった。ただ彼女は結婚と離婚を4回繰り返し、現在は一人暮らしだ。クレシダさんは、母親の3人目の夫で実業家ボナス氏との間にできた末っ子である。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい