緻密に計算された「観る人が心地いい」3D映画

2014/12/13 11:30

 3D映画の最高峰といえば、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」(2009年)といわれてきた。だが、3D映画はハリウッドのスペクタクル映画の専売特許ではない。ここへ来てフランスの鬼才たちが初めて手掛けた3D映画が相次いで公開される。

あわせて読みたい

  • ヴェンダース監督映画『誰のせいでもない』日本公開決定! J・フランコ/C・ゲンズブールらの場面写真公開

    ヴェンダース監督映画『誰のせいでもない』日本公開決定! J・フランコ/C・ゲンズブールらの場面写真公開

    Billboard JAPAN

    8/23

    実は100年の歴史! 一般化したデジタル3D技術を巨匠・ゴダールはどう活用したのか

    実は100年の歴史! 一般化したデジタル3D技術を巨匠・ゴダールはどう活用したのか

    BOOKSTAND

    3/1

  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖」が3D映画で公開決定

    マシュー・ボーンの「白鳥の湖」が3D映画で公開決定

    Billboard JAPAN

    4/2

    ジャン=リュック・ゴダール作品までスマホで視聴できる時代に

    ジャン=リュック・ゴダール作品までスマホで視聴できる時代に

    dot.

    5/27

  • MIYAVIバーチャルプロジェクト第三弾、3D映像使用の「Need for Speed」MVを公開

    MIYAVIバーチャルプロジェクト第三弾、3D映像使用の「Need for Speed」MVを公開

    Billboard JAPAN

    6/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す