苦難耐える大阪朝高ラグビー部と日本人の支援 映画で描く

2014/03/09 07:00

「ノーサイド」は、ラグビーで「試合終了」を意味する言葉だ。同時に、試合が終われば、敵味方なく国籍や民族を超えて互いに仲間として称え合うという、ラグビーの基本精神を象徴する言葉でもある。この「ノーサイド精神」について考えさせるドキュメンタリー映画が作られた。

あわせて読みたい

  • 高校ラグビー「平成最強校」ランキング!  1位は高校選手権「4冠」も夢ではないあの名門校

    高校ラグビー「平成最強校」ランキング!  1位は高校選手権「4冠」も夢ではないあの名門校

    dot.

    1/27

    なぜ? 幼保無償化から外国人学校除外 理由は「多種多様な教育をしている」

    なぜ? 幼保無償化から外国人学校除外 理由は「多種多様な教育をしている」

    dot.

    9/26

  • W杯後の”ラグビーロス”を埋める方法

    W杯後の”ラグビーロス”を埋める方法

    週刊朝日

    11/3

    「五郎丸選手を早大時代から見ている」作家・下重暁子のラグビー自慢
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「五郎丸選手を早大時代から見ている」作家・下重暁子のラグビー自慢

    週刊朝日

    11/15

  • 大阪、京都がズラリ 高校別「ラグビー日本代表輩出数」ランキング

    大阪、京都がズラリ 高校別「ラグビー日本代表輩出数」ランキング

    dot.

    9/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す