ミクシィ株価上昇、パズドラに陰り スマホゲームの今後は (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミクシィ株価上昇、パズドラに陰り スマホゲームの今後は

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#アプリ
潮目の変化が見え始めたゲーム業界。モバイル端末向けゲームは、「ヒット作品を作る公式がまだ明らかではない。何がヒットするかわからないから、とりあえず出している。そこで悪循環にはまる可能性がある」(岩井コスモ証券の川崎朝映氏) (c)朝日新聞社 (撮影/内田光) 

潮目の変化が見え始めたゲーム業界。モバイル端末向けゲームは、「ヒット作品を作る公式がまだ明らかではない。何がヒットするかわからないから、とりあえず出している。そこで悪循環にはまる可能性がある」(岩井コスモ証券の川崎朝映氏) (c)朝日新聞社 (撮影/内田光) 

 岩井コスモ証券の川崎朝映シニアアナリストは、

「ユーザーの移り気が早い。飽きだすと、有料アイテムなどに使う金額も増えなくなる。ガンホーの成長余地が狭まっているのもそのためです」

 さらに、スマホ向けゲームの分野で競う各社の先行きに影を落としているのが、開発費の高騰だ。従来型の携帯電話、いわゆる「ガラケー」向けゲームに比べ、スマホ向けゲームでは表現の幅や機能が格段に向上している。そのためゲームの開発費が、かつては数千万円単位だったものが、いまや数億円単位が当たり前になってきている。巨額の開発費を回収するため、広告宣伝費も膨らむ。

「ゲームを開発するコストばかりがかさみ、ヒット作が出ないから、収益が上がらない。そんな悪循環に入るリスクが高まっています」(川崎氏)

AERA  2013年12月16日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい