縁もゆかりもない場所に「ソーシャルターン」する理由

東日本大震災

2013/10/24 11:30

 東日本大震災から2年半以上が経った。多くのボランティアが被災地に入ったが、それを機に縁もゆかりもなかったその地に移住し、被災地の復興に尽力する人たちがいる。「ソーシャルターン」と呼ばれる。

あわせて読みたい

  • 芥川賞作家が被災地で書店オープン 創作活動に思いがけない影響も

    芥川賞作家が被災地で書店オープン 創作活動に思いがけない影響も

    AERA

    8/20

    「震災は絶対に忘れちゃいけない」歌に込めた高校生たちの願い

    「震災は絶対に忘れちゃいけない」歌に込めた高校生たちの願い

    AERA

    4/15

  • 子どものいない教室、壊れた防波堤…福島に移り住んだ華道家が花をいけ続けた理由

    子どものいない教室、壊れた防波堤…福島に移り住んだ華道家が花をいけ続けた理由

    AERA

    3/15

    福島を元気にしたい 被災地に移住した「新住民」の思い

    福島を元気にしたい 被災地に移住した「新住民」の思い

    AERA

    3/1

  • 「地元の本音が聞こえる」被災地に移住した若者たち

    「地元の本音が聞こえる」被災地に移住した若者たち

    週刊朝日

    3/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す