時に取材相手に激怒も 山崎豊子さん「血も滴る」作家人生

お悔やみ

2013/10/08 16:00

『白い巨塔』『華麗なる一族』『不毛地帯』…。名作を次々と世に送り出した、希代の小説家が逝った。「泣いて、怒って、ケンカして」の作家人生。

あわせて読みたい

  • 雑誌記者を描く『激震』 阪神大震災、地下鉄サリン…分岐点の1995年

    雑誌記者を描く『激震』 阪神大震災、地下鉄サリン…分岐点の1995年

    週刊朝日

    5/7

    又吉直樹、「劇場」映画化で気づいた主人公の「とんでもない自己中のクズ男」っぷり

    又吉直樹、「劇場」映画化で気づいた主人公の「とんでもない自己中のクズ男」っぷり

    AERA

    4/13

  • 2度目の五輪前こそ「ずばり東京」 開高健は変わる首都をいかに活写したか?

    2度目の五輪前こそ「ずばり東京」 開高健は変わる首都をいかに活写したか?

    週刊朝日

    7/25

    「この絵を食べたらどんな味?」ショコラを食べながらアートを鑑賞する不思議なイベント

    「この絵を食べたらどんな味?」ショコラを食べながらアートを鑑賞する不思議なイベント

    dot.

    5/26

  • 山崎努のアイドルは“仙人”!? 画家を描いた新作映画とは

    山崎努のアイドルは“仙人”!? 画家を描いた新作映画とは

    週刊朝日

    5/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す