アイデアを引き出す秘訣は「アホなことを聞く」? 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

アイデアを引き出す秘訣は「アホなことを聞く」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
ハマカーン浜谷健司さん(35)=左、神田伸一郎さん(36)お笑い芸人大学時代の部活の先輩(神田)と後輩(浜谷)で2000年にコンビ結成。「THE MANZAI」で2年連続決勝進出し、昨年優勝。DVD「ネタベストDVD 2013『KIWAMI』」、書籍『下衆と女子の極み 強くなりたきゃパンを食え』発売中(撮影/高井正彦)

ハマカーン
浜谷健司さん(35)=左、神田伸一郎さん(36)
お笑い芸人

大学時代の部活の先輩(神田)と後輩(浜谷)で2000年にコンビ結成。「THE MANZAI」で2年連続決勝進出し、昨年優勝。DVD「ネタベストDVD 2013『KIWAMI』」、書籍『下衆と女子の極み 強くなりたきゃパンを食え』発売中(撮影/高井正彦)

浦浜アリサさん(23)モデルモデル業のかたわら、16歳からMTVのビデオジョッキーなどでMCの腕を磨く。「ありきたりな質問はしないように、変化球を投げられるようにと考えています」(撮影/写真部・植田真紗美)

浦浜アリサさん(23)
モデル

モデル業のかたわら、16歳からMTVのビデオジョッキーなどでMCの腕を磨く。「ありきたりな質問はしないように、変化球を投げられるようにと考えています」(撮影/写真部・植田真紗美)

 今や芸人だけではなく、多くの人が日常的に行っている「ツッコミ」。場をなごませたり、人から言葉を引き出したりと、うまくやればその効果は大きい。プロである芸人や著名人に、ツッコミテクを聞いた。

 ツッコミの技術のひとつとして有効なのが、自分の失敗談を披露するなど「自虐的」になること。

「下衆の極み!」とささいなことを断罪しまくるキャラクターのハマカーン・浜谷健司さん(35)は、「ダメ人間の要素がある、『お前に言われたくねえよ』とツッコミ返せるようなキャラクターがいいと思います」と自虐ネタの効用を語る。上から目線のツッコミをしがちな人は、自虐ネタを付け加えてみたい。

 外資系コンサルタント企業マッキンゼーに勤め、今はNPO法人「テーブル・フォー・ツー・インターナショナル」(TFT)代表の小暮真久さん(41)が「得意技」と語るツッコミ術は、「あえてアホなことを聞く」ことだ。

「会話の流れから『ガター』がなくなり、いろんなアイデアが出てきやすくなるんです」

 ある小売店チェーンと商品開発の相談をしていた時、男性客にも女性客にもなんとか受けるものをと頭をひねる先方に小暮さんはしれっとツッコんだ。

「もしかしてアホなことかもしれないんですけど、思い切って男性客は捨てません?」

 総花的なプランよりもターゲットを絞ったプランニングを──そんな正面突破の説得よりも、一見突拍子もないような提案が相手の心の「しきい」を崩す。この時のポイントは「素人なんですが」「アホなんですが」とへりくだる前置きをつけることだ。

 モデルの浦浜アリサさん(23)は昨年から今年にかけ、小暮さんとFMラジオ番組を担当していた。社会貢献をテーマに毎週ホストとしてNPO代表や大物アーティストを迎える中で浦浜さんが考えたのは、「相手のスタンスを崩す」ツッコミを入れること。キャンドルアーティストのキャンドル・ジュンさんが登場した時、「渋い声ですね」と持ち上げたあと放った一言が、「キャンドルは日常的に持ち歩いてはいないんですか?」

 思わずキャンドルさんも「家ではキャンドルはほとんどつけないんですね」と笑い、雰囲気がほぐれた。あまりメディアに登場しないキャンドルさんだが、2回にわけて放送するほど長時間にわたりしゃべってくれた。

「うまくバカを演じつつ、本当にバカと思われないようにするツッコミに気を使いました」

AERA 2013年9月30日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい