オリンピック期間は転職者が減る?その理由は 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オリンピック期間は転職者が減る?その理由は

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#仕事#転職
リクルートテクノロジーズ ビッグデータグループ シニアプロフェッショナル西郷彰さん(左)リクルートキャリア 「リクナビNEXT」編集長徳野智恵さん(右)「魔法の数式」による広告削減効果は、なんと年間1.2億円。また効果が不明瞭とされてきたマス広告だが、止めると中長期的なデメリットをもたらすことも立証した。「今後はマス広告を増やすという判断もあるかも」(徳野さん) (撮影/横関一浩)

リクルートテクノロジーズ ビッグデータグループ シニアプロフェッショナル
西郷彰さん(左)

リクルートキャリア 「リクナビNEXT」編集長
徳野智恵さん(右)

「魔法の数式」による広告削減効果は、なんと年間1.2億円。また効果が不明瞭とされてきたマス広告だが、止めると中長期的なデメリットをもたらすことも立証した。「今後はマス広告を増やすという判断もあるかも」(徳野さん) (撮影/横関一浩)

 パソコンを開き、数字を打ち込む。パッと変わった画面が、1カ月後の「現実」を告げる。 転職サイト「リクナビNEXT」の編集長、徳野智恵さん(35)は、毎月の広告投資に、ある「魔法の数式」を使う。予算を入力後、パソコンの画面が示すのは、「どの媒体に」「いくら」投資すべきか、そして新たに何人の会員が増えると予想されるか、という数値情報。会員数が売り上げを左右する転職サイトにとって、この数字は将来やってくる「現実」だ。徳野さんは言う。

「数式は、安心感も危機感も与えてくれます」

 未来を告げるこの数式をつくったのは、リクルートテクノロジーズが誇るビッグデータグループの統計解析チーム。日本最大級のデータ解析コンペの優勝者など、データサイエンスの専門家がズラリと85人。その一人、シニアプロフェッショナルの西郷彰さん(38)によると、この数式は、ミサイルの弾道計算に使われる「状態空間モデル」をベースにしたという。

 膨大なデータを分析し、新たな発見を見いだす。そんなビッグデータの可能性に、多くの企業が挑んでいる。ビッグデータとは、企業の内部や周辺にたまる、文字通り「巨大」なデータのこと。オンラインショップの顧客データ、工場の出荷状況、自社商品についてのツイートなど。時間の経過とともに刻一刻と巨大化するため、その分析や活用のためには今、統計学の知識が欠かせなくなっている。

 だが、たとえ最先端の数式であっても、すべてのビジネスに立ち向かえるわけではない。必要なのは数式を個々のビジネスに置き換える力、すなわち社員たちだ。

 前述のビッグデータグループも、事業部が培った経験と勘を対話で引き出し、数式に組み込む。例えば、

「そういえば、正月明けには転職希望者が増えるんだよ」
「なんで?」
「帰省したときに、家族からプレッシャーをかけられるのかな」
「あと、オリンピック中は転職活動が停滞する」
「なるほど、夢中になるものがあると、転職には頭が回らないのかもね」

 といった具合だ。転職希望者がいつ転職の意向を高め、サイトにどうアクセスするのか。数式に組み込む「変数」は、現場にある。前出の西郷さんは話す。

「いい数式には、いい変数が必要なんです」

AERA 2013年7月22日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい