結婚制度に「ゲーッ」 恋愛スイッチ切るアラフォー 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

結婚制度に「ゲーッ」 恋愛スイッチ切るアラフォー

このエントリーをはてなブックマークに追加
40代独身女子の「結婚で譲れない条件」ベスト3は、「信頼できる」「安心できる」「価値観が近い」(電通「独身」意識調査2012) (撮影/写真部・久保木園子)

40代独身女子の「結婚で譲れない条件」ベスト3は、「信頼できる」「安心できる」「価値観が近い」(電通「独身」意識調査2012) (撮影/写真部・久保木園子)

40代女子は20代女子に比べて、恋愛に対しては実はポジティブ。好意を持った相手には積極的なアプローチもいとわない(撮影/写真部・久保木園子)

40代女子は20代女子に比べて、恋愛に対しては実はポジティブ。好意を持った相手には積極的なアプローチもいとわない(撮影/写真部・久保木園子)

結婚は何度してもいいし、無理にする必要もないと考えているのが40代。酸いも甘いも噛み分けて恋愛も達観できるお年ごろなのかも(撮影/写真部・久保木園子)

結婚は何度してもいいし、無理にする必要もないと考えているのが40代。酸いも甘いも噛み分けて恋愛も達観できるお年ごろなのかも(撮影/写真部・久保木園子)

 結婚どころか、何年も恋をしていない独身女性は珍しくない。年齢とともに、彼氏いない歴を重ねる。まるで恋愛スイッチオフ、な状態だ。電通が23~49歳の独身男女1200人を対象にした「『独身』意識調査 2012」では、40代独身女子の3人に2人は恋人がおらず、恋人がいない人の70%以上は「3年以上いない」という結果が出た。

 なぜ恋愛スイッチを切ってしまうのか。

 国立社会保障・人口問題研究所の調査によれば、25~34歳の女性が結婚できない理由のトップは圧倒的に「適当な相手にめぐり会わない」。恋愛オフもこの理由は大きいだろうが、アラフォーはそれだけではない。部下がいたり責任ある立場だったりすれば、否応なく「恋より仕事」にならざるを得ない。

 もっともアラフォーともなると、自ら恋愛スイッチオフを選ぶ女性もいる。

 メーカーの営業職としてバリバリ働くミキさん(44)は、まもなく彼氏いない歴8年になる。自然に彼ができればいいとは思う。だが仕事柄、週末は仕事。お客様の依頼があればいつでも出向く。

 実はミキさん、20代と30代で結婚を2度経験している。

「2回の結婚でしみじみ、私はいわゆる『普通の結婚』には向かないと悟りました」

 何しろ誰かと一緒に住むことがイヤ。同じように働いているのに、夫のために食事を作ったり洗濯したり、なぜしなくてはならないのか。自分の時間を邪魔されることも我慢できない。姉の「夫が臭い」といった愚痴を聞くたびに、「私なら我慢してまで一緒に生活できない」と思う。

 家を建てる際など、何かあるたびに「結婚ってこういうものでしょ」とそれぞれの結婚観を押し付けられた。1回目より2回目の相手のほうがさらに保守的だった。

「もう日本の結婚制度に『ゲーッ』って感じですね。一人でも淋しくもないし、働いているほうが楽しい。ただ、男性とお付き合いすれば、学ぶことは多いだろうなとは思うんですけど」

AERA 2013年3月18日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい