「男性不況」の今、求められるのは「きずな消費」

2012/11/20 16:00

 今、巷では「中古」が注目を浴びている。これまで新品、すなわち規格品を大量消費する文化は、大量生産を前提としていた。だが過剰な生産と浪費、それらが引き起こす環境破壊などが大きな問題となった。そうした反省から起こった文化が「シェアリング・エコノミー(共有型経済)」だ。

あわせて読みたい

  • 生活水準はあえて上げない人々 SNSも関係?

    生活水準はあえて上げない人々 SNSも関係?

    AERA

    5/14

    消費税2%上がると家計負担はどれくらい? ポイント還元も一時的で…

    消費税2%上がると家計負担はどれくらい? ポイント還元も一時的で…

    AERA

    10/2

  • 「ずっとそこにあるもの」に安らぎを感じる理由 昭和2年築の古民家カフェで過ごすくつろぎ時間

    「ずっとそこにあるもの」に安らぎを感じる理由 昭和2年築の古民家カフェで過ごすくつろぎ時間

    AERA

    3/3

    草食系の次は…これからは「妻食系」男子の時代?

    草食系の次は…これからは「妻食系」男子の時代?

    AERA

    5/14

  • 6月15日から民泊新法施行、外国人宿泊で古民家再生へ

    6月15日から民泊新法施行、外国人宿泊で古民家再生へ

    週刊朝日

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す