【「本屋大賞2020」候補作紹介】『店長がバカすぎて』――書店員として奮闘する主人公に共感し、思わず応援したくなる! 〈BOOKSTAND〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【「本屋大賞2020」候補作紹介】『店長がバカすぎて』――書店員として奮闘する主人公に共感し、思わず応援したくなる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOKSTAND

 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2020」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは早見和真著『店長がバカすぎて』です。
******
 デビュー作の『ひゃくはち』、第68回日本推理作家協会賞を受賞した『イノセント・デイズ』、白濱亜嵐さん主演でドラマ化もされた『小説王』など、数々のベストセラーを世に送り出している早見和真さんの新作となるのが本書です。
 主人公の谷原京子は28歳、独身。本が何よりも好きな彼女は現在、「武蔵野書店」吉祥寺本店で文芸担当の書店員として働いています。そして、本のタイトルにもなっている「店長」というのが彼女の上司にあたる山本猛(たける)。つかみどころがない「非」敏腕な店長のもとで京子がなんとか毎日をやり過ごせているのは、憧れの先輩書店員・小柳真理の存在があるから。しかしある日突然、小柳が店を辞めることになってしまい......。
 新刊の推薦コメント執筆や作家によるサイン会、客からのクレーム対応など、書店の内情を臨場感たっぷりに描いている本書。そのあまりのリアルさに、全国の書店員から驚きや共感の声が沸き上がっているといいます。本や本屋さんが好きな人、書店員の仕事に興味を持っている人には、とても惹きつけられる設定かと思います。
 しかし、それにとどまらず、日々葛藤しながら働くすべての人たちにとっても「自分の物語」として読めるのが本書の良さ。軽薄で頼りない上司に振り回されたり、薄給で契約社員という立場に不安を感じたり、次々と降りかかるトラブルに「今度こそ辞めよう」と本気で思ったり......。こうした京子の姿に自分を重ね、感情移入してしまう人はきっと多いに違いありません。
 さらにそうした中に、ロマンスや謎解きも含まれているという贅沢さ。京子の恋のゆくえやファンである覆面作家の正体など、最後の1ページまで読者を飽きさせない展開となっています。そして「バカすぎて」とタイトルで罵られている店長が、章を追うごとに魅力的に見え、愛しくすら感じてしまうから不思議です。
 抱腹絶倒あり、ドキドキハラハラあり、うるっとくるような感動あり。特にラストの畳みかけるようなどんでん返しは圧巻。早見さんの力量がじゅうぶんに発揮された極上のエンターテインメント小説として、本屋大賞にノミネートされるのも納得の一冊です。


(記事提供:BOOK STAND)

トップにもどる BOOKSTAND 記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい