A4サイズの墓に1300万円!? これが世界の墓地事情

2017/02/17 08:00

 人生の最期に向けて準備をする「終活」という言葉がありますが、お墓について考えたことはありますか? 日本人で初めてACAU(全米墓園協会大学)を卒業し、世界45カ国を旅して墓石・霊園行政研究などを行ってきた日本のお墓研究の第一人者、長江曜子氏が監修した『世界のお墓文化紀行』は、たいていの日本人が持っている「お墓」に対する固定観念を壊し、自らの死生観を見つめ直すきっかけを与えてくれる一冊です。

あわせて読みたい

  • 納骨堂が都心で急増 「墓じまい」失敗から学ぶポイントとは

    納骨堂が都心で急増 「墓じまい」失敗から学ぶポイントとは

    週刊朝日

    8/27

    首都圏なら300万円も…お金がかかる“墓じまい” 最も安い場所は…

    首都圏なら300万円も…お金がかかる“墓じまい” 最も安い場所は…

    AERA

    8/12

  • 遺骨を人質に、100万円請求も…お盆に家族と考える「墓じまい」

    遺骨を人質に、100万円請求も…お盆に家族と考える「墓じまい」

    週刊朝日

    8/9

    ペットと一緒の墓に入れないのはなぜ? “ペット終活”のススメ

    ペットと一緒の墓に入れないのはなぜ? “ペット終活”のススメ

    週刊朝日

    6/25

  • “墓じまい”10年で1.6倍に! 弔い方いろいろ、どれにする? 注意点は?

    “墓じまい”10年で1.6倍に! 弔い方いろいろ、どれにする? 注意点は?

    週刊朝日

    3/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す