パブから見えてくるイギリス社会の本質とは?

2016/09/30 12:30

"イギリス人の生活には欠かせない存在""誰もが職場と自宅の近くに行きつけの一軒を持っている"などともいわれ、イギリスらしさの象徴となっている存在、パブ。どんな田舎町にも教会とパブだけはあるというほど、人びとの生活に溶け込んでいるパブですが、ここ30年あまりでその数は減少。1982年に6万7800軒あったパブは、2014年には5万1900軒と、約23パーセント減ってしまったのだそうです。とくにロンドンでは、地価の上昇からパブが閉鎖され、スーパーへと転用されるケースが増えているとのこと。

あわせて読みたい

  • イギリスの家70軒を訪問した著者が、その間取りをイラストと文章で解説! 住み継がれる秘密とは?

    イギリスの家70軒を訪問した著者が、その間取りをイラストと文章で解説! 住み継がれる秘密とは?

    BOOKSTAND

    11/20

    浜矩子、英の現状に「『我を忘れる』とはこのことだと思う」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子、英の現状に「『我を忘れる』とはこのことだと思う」

    AERA

    12/20

  • 浜矩子「いずれイギリスはEUから出て行くだろうと考えていた」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「いずれイギリスはEUから出て行くだろうと考えていた」

    AERA

    4/7

    【岩合光昭】黒白の猫、まるで警官? 英国の街を毎朝パトロール
    筆者の顔写真

    岩合光昭

    【岩合光昭】黒白の猫、まるで警官? 英国の街を毎朝パトロール

    週刊朝日

    6/22

  • フランス人は朝ごはんに何を食べている?

    フランス人は朝ごはんに何を食べている?

    BOOKSTAND

    3/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す