東村アキコさんの『かくかくしかじか』は、何かをやり遂げたいと思っている人に読んでほしい一冊 ------アノヒトの読書遍歴:大森靖子さん(後編) (1/2) 〈BOOKSTAND〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東村アキコさんの『かくかくしかじか』は、何かをやり遂げたいと思っている人に読んでほしい一冊 ------アノヒトの読書遍歴:大森靖子さん(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOKSTAND
(写真:BOOKSTAND)

(写真:BOOKSTAND)

「だから、生きる。」

つんく♂著

978-4103395911

amazonamazon.co.jp

かくかくしかじか 1

東村アキコ著

978-4087824575

amazonamazon.co.jp

 漫画を中心に、普段からさまざまなジャンルの本を読むという、女性シンガーソングライターの大森靖子さん。最近では「何かを失って気付くこと」というメッセージが含まれた本に感銘を受けたそうです。そんな大森靖子さんに前回に引き続いて、これまでに影響を受けた本についてお伺いしました。



------音楽家として、あるいは作詞家として何か影響を受けた本があればご紹介ください。

「やはり、同じ音楽家でもあるつんくさんがお書きになった『だから、生きる。』という本にはかなりの影響を受けたと思います。ご存知の通りつんくさんは、ハロープロジェクトなどを中心にプロデュースされている音楽プロデューサーでありながら、ご本人も歌手としてシャ乱Qのボーカルを務めていらっしゃいました。この本は、そんなつんくさんが喉頭がんを患い、手術したことをきっかけに書かれた一冊になっています」



------具体的にはどのようなエピソードが描かれているでしょうか。

「本の中でつんくさんは、喉頭がんになったことによってどうしてそうなったかを振り返っているのですが、彼はバンド時代にお酒を飲んだり夜までお仕事詰めたりという生活をずーっとしてきたそうで、そういう生活が悪い状態で出てしまったんだといいます。その後に今の奥さんと出会ってきちんとした食事をするようになったらしいのですが、バンド時代の生活がたたってこういうことになってしまったと。さらに、自分ではのどの異変に気付いていたのに、病院の検査で異変がなかったから安心してしまってのどの状態を悪くなってしまったことをすごい悔いていらっしゃって。そういったことが鮮明に書かれていますね」



------つんくさんは病気になられてご自身と深く向き会うようになられたんですね。

「この本に書かれてあるのはそれだけでありません。つんくさんといえば、『Yeah! めっちゃホリディ』のような、ん!? っと引っかかる歌詞が非常に印象的だと思いますが、そういう言葉も間にすごい入っていて。たとえば、双子が生まれたときに『めっちゃロックや!』って言っているんですよ。双子の生まれたことの何がロックか冷静に考えて全然わからないんですけど。でもそういうのが間には挟まってきて、本にテンポが生まれて非常に読みやすいというか、そこらへんはやっぱり、『あー、つんくさんだな』って思うところもあります」


(記事提供:BOOK STAND)

トップにもどる BOOKSTAND 記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい