インドのIT産業発展の一因はカースト制度にあった?

2015/05/27 07:30

 2010年に、アメリカに次いで世界第2位の経済大国の座にのぼりつめた中国を筆頭に、インド、シンガポール、マレーシア、インドネシアと、めまぐるしい経済発展を遂げているアジア各国。世界経済の中心がアジアへと移行しつつある状況を前に、最新のアジア情勢はしっかりとおさえておきたいものです。

あわせて読みたい

  • 世界人口の2人に1人がアフリカ人に!『経済大陸アフリカ』の著者が説く、日本企業がアフリカで勝てない理由

    世界人口の2人に1人がアフリカ人に!『経済大陸アフリカ』の著者が説く、日本企業がアフリカで勝てない理由

    dot.

    7/22

    フェイスブック革命に怯える中国「検閲」の戦慄

    フェイスブック革命に怯える中国「検閲」の戦慄

    週刊朝日

    5/10

  • 日本企業が進出すべきは中央アジア 市場規模だけではない利点とは?

    日本企業が進出すべきは中央アジア 市場規模だけではない利点とは?

    AERA

    5/13

    日韓関係の仲裁に興味なし? 米国第一主義のトランプ大統領

    日韓関係の仲裁に興味なし? 米国第一主義のトランプ大統領

    AERA

    12/8

  • 企業決算最高益も30年増えぬ賃金 「身の丈経営」再びで今後も賃上げは期待薄か

    企業決算最高益も30年増えぬ賃金 「身の丈経営」再びで今後も賃上げは期待薄か

    AERA

    6/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す