アメリカ文学を知れば、村上春樹作品が違って見えてくる?

村上春樹

2014/08/12 06:30

 アメリカ文学を研究する渡辺利雄さんによる『アメリカ文学に触発された日本の小説』が刊行されました。本書はそのタイトルが示すように、エドガー・アラン・ポー『アーサー・ゴードン・ピの物語』と大岡昇平『野火』、ハーマン・メルヴィル『白鯨』と宇能鴻一郎『鯨神』、マーク・トウェイン『不思議な少年』と高橋源一郎『ゴーストバスターズ』といったように、アメリカ文学作品と、そのアメリカ文学に触発されて書かれた日本文学作品とがそれぞれのテーマのもと取り上げられ、比較分析されていきます。

あわせて読みたい

  • 村上春樹作品がベストセラーになる社会は変?

    村上春樹作品がベストセラーになる社会は変?

    BOOKSTAND

    6/3

    村上春樹に通じる癒やし作品も 文学者が選ぶ「メンタルに効く文学」5冊

    村上春樹に通じる癒やし作品も 文学者が選ぶ「メンタルに効く文学」5冊

    AERA

    6/2

  • 村上春樹が猫から学んだ「人生をしのぐための術」とは?
    筆者の顔写真

    延江浩

    村上春樹が猫から学んだ「人生をしのぐための術」とは?

    週刊朝日

    12/8

    早稲田ハルキスト一直線 なりきり生活に怠惰の壁

    早稲田ハルキスト一直線 なりきり生活に怠惰の壁

    週刊朝日

    6/7

  • 村上春樹の「やれやれ」を英訳すると…? 村上ワールド翻訳の舞台裏

    村上春樹の「やれやれ」を英訳すると…? 村上ワールド翻訳の舞台裏

    AERA

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す