誉田哲也の新作ミステリー、テーマは「監禁事件」

2014/04/18 12:32

「ストロベリーナイト」などいわゆる姫川玲子シリーズでは累計300万部を突破、さらに連続ドラマ化された「ヒトリシズカ」などヒット作や話題作を次々と世に送り出してきた小説家・誉田哲也さん。デビュー以来、伝奇小説、ホラー小説、推理小説、青春小説、と多彩な作風で、多くの読者を魅了しています。

あわせて読みたい

  • 作家・石井光太が暴く「子ども殺し」の全貌――親はなぜ、愛するわが子を殺してしまうのか?

    作家・石井光太が暴く「子ども殺し」の全貌――親はなぜ、愛するわが子を殺してしまうのか?

    BOOKSTAND

    9/22

    『ドルチェ』文庫化に続き、誉田哲也のあの代表作がスピンオフで生まれ変わる!?

    『ドルチェ』文庫化に続き、誉田哲也のあの代表作がスピンオフで生まれ変わる!?

    BOOKSTAND

    6/9

  • 【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の"その後"を描いた力作

    BOOKSTAND

    3/13

    【「本屋大賞2020」候補作紹介】『medium霊媒探偵城塚翡翠』――「すべてが、伏線」美少女霊媒師と推理作家コンビが難事件に挑む

    【「本屋大賞2020」候補作紹介】『medium霊媒探偵城塚翡翠』――「すべてが、伏線」美少女霊媒師と推理作家コンビが難事件に挑む

    BOOKSTAND

    3/27

  • 結愛ちゃん虐待死「ひどい親」と批判しても事件は減らない 「評価」に追い詰められる親たち

    結愛ちゃん虐待死「ひどい親」と批判しても事件は減らない 「評価」に追い詰められる親たち

    dot.

    6/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す