全米女子V笹生優花 東京五輪で畑岡奈紗との名勝負再び? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全米女子V笹生優花 東京五輪で畑岡奈紗との名勝負再び?

菊地武顕週刊朝日
最終日は我慢のゴルフを強いられ続けた。バンカーショットを放つ (GettyImages)

最終日は我慢のゴルフを強いられ続けた。バンカーショットを放つ (GettyImages)

 松山英樹が4月にマスターズを制したのに続き、米ゴルフツアーからまた朗報が届いた。

【笹生優花選手の写真をもっと見る】
笹生の父は日本人の正和さん(右)、母はフィリピン人のフリッツィさん。日本とフィリピンの二つの国籍を持っている (GettyImages)

笹生の父は日本人の正和さん(右)、母はフィリピン人のフリッツィさん。日本とフィリピンの二つの国籍を持っている (GettyImages)

 全米女子オープンを笹生(さそう)優花が、畑岡奈紗(22)とのプレーオフの末に制したのだ。弱冠19歳11カ月による快挙。大会史上最年少での優勝である。
フィリピン国旗を掲げるギャラリーの前で。笹生はフィリピン代表として、東京五輪に出場する意向 (GettyImages)

フィリピン国旗を掲げるギャラリーの前で。笹生はフィリピン代表として、東京五輪に出場する意向 (GettyImages)

 笹生と畑岡は、2016年の世界ジュニア選手権15~17歳の部で激戦を演じた。そのときは首位を走る笹生を、最終日に畑岡が逆転し優勝。2人の名勝負第3幕の舞台は東京五輪?(文/本誌・菊地武顕)
(GettyImages)

(GettyImages)

週刊朝日  2021年6月25日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい